土地所有者の悩み・私有地のお手入れは草取り・剪定業者に相談

私有地の面倒な管理は業者のサポートを受けるのが正解

1人で出来ない私有地の手入れ~業者に協力してもらう~

空家の管理をしている方など、私有地の樹木や草などの対応に困っている方が多く見受けられます。こういった場合には業者に協力してもらうことが大切です。

土地管理の鉄則

草刈り

目が行き届きにくい私有地は、誰の手も入らないため管理が行き届きにくいデメリットがあります。放置することで草木が生え放題になり環境の憎悪や治安の悪化につながる場合があります。もちろん害虫の発生や火災の火元となるケースも考えられます。近隣住民の不安をあおることにもつながりますので、所有者(管理者)は責任を持って早めに対処することが大切です。

真っ先に行うべき作業

草取り
荒れ放題になった私有地の整備として、真っ先に行うべき作業は草取りです。伸び放題になった草を取るだけでも見た目がスッキリします。草取りのポイントとしては、根からとり根絶やしを試みることです。今後も活用できない土地の場合、季節に合わせた除草対策を施すことも視野に入れて業者に依頼することをおすすめします。
剪定
私有地に庭木が植えられている場合、落ち葉で道路を汚すことや張り出した枝で通行人に怪我をさせてしまったり、車にあたってボディに傷がついてしまったりというようなトラブルが発生することがあります。また鳥のフン害も否めません。この枝が原因で緊急車両の通行に制約が出てしまうことも考えられるので、定期的に剪定作業を行いましょう。

伐採も同時並行

作業員

私有地の木が伸びすぎてメンテナンスに煩わしさを感じることもあるでしょう。妨げとなる理由がなければ、剪定と同時進行で伐採を視野に入れることもおすすめします。伐採によって適度に樹木を間引きし、外観を整えるだけで近隣住民に安心感を与えることができますし、メンテナンスの費用を削減することもできます。樹木の病気や害虫の発生を抑えることもできます。

抜根作業で手入れの手間を省く~伐採後の作業~

伐採後の作業として行うべき作業はどういったことでしょうか。庭の手入れをしやすくするためのヒントがここにあります。

抜根の重要性

伐採後の切り株は抜根した方が良いのですか?
伐採後、抜根をせず切り株をそのままにすることで、木は朽ちていきますが、その工程の間に切り株に細菌が繁殖し周辺に被害を及ぼす可能性があります。また、シロアリやキクイムシが発生し、土中にコロニーを作ることも考えられます。他にも木の根につまずいて転ぶ、というアクシデントも。伐採をしたら、抜根も合わせて行うことをおすすめします。

徹底的な管理がポイント

私有地の管理を怠ることは良いことではありません。土地そのものの価値を下げる結果にもつながります。この私有地を今後別の目的で使うことを考えるのであれば、業者などを入れ、草取りや剪定、抜根など手入れ・メンテナンスを徹底的に行っていきましょう。管理を行うことは所有者の義務であることも合わせて覚えておきましょう。  

TOPボタン