草取りを上手に行えば私有地の管理はラクになる

私有地の面倒な管理は業者のサポートを受けるのが正解

広い土地の草取りは業者に任せる~管理の負担を減らす方法~

広い土地の雑草に頭を悩ませる前に、広い土地の草取りは業者に一任することも考えていきましょう。ここでは管理の負担を減らす方法をピックアップしました。

私有地の草取りをする頻度

「生えてきたら」が草取りのタイミングだということができますが、景観を保ちたい場合や、雑草の宿根を避けたいという場合は春と秋に1回ずつ、梅雨時とお盆の時期に1回ずつの合計4回は行うべきです。草が生えにくい11月~3月までは休むとしても2ヶ月に1度のサイクルで行うと丁寧でしょう。業者に依頼した時、費用が心配されますが年間契約を行うことで安価に済ませられるメリットがあります。

草取りの流れ

現地調査

業者に草取りを依頼する場合、事前にネットや電話で相談しておけば、そのエリアの担当者が現地に出向いて調査を行います。全国対応の業者を利用すれば、遠隔地にある土地や広い敷地面積を持つ土地の草取りにも柔軟に対応してもらえます。

草取り作業

広い土地の草取りの場合、手作業での草取りはとても大変です。業者は乗用草刈機や、自走式草刈機などの機械を用いて除草作業を行います。細かいところは手作業やモーターエンジンがついた草刈り機を用いますので短時間で効率よく草取りを行えます。

処分

草を刈った後、そのままにしておくと再び根を張ることや、倒した草の種が熟し土に根付いてしまうなどのトラブルが発生します。業者が草取り作業を行った後は草を集めて処分を行います。広大な土地でも、草取り作業の後、集積を行い産業廃棄物として処分を行ってくれるので安心です。

土地の境目に要注意

私有地の草取りや剪定作業を依頼した場合、土地の境界線付近にある雑草の処理の件で、となりの土地の所有者とトラブルになることもあるようです。費用を安く上げるという意味合いで複数の土地所有者が協力し合い、一帯の草取り作業を業者に依頼することをおすすめしたいのですが、費用負担の兼ね合いから難しいでしょう。土地の持ち主と話し合いを行い、草取り作業を周知し合うことの他、業者を交えて境界線に関して確認を依頼することがおすすめです。

TOPボタン