私有地の管理が面倒な理由は雑草対策

私有地の面倒な管理は業者のサポートを受けるのが正解

土地所有者の悩み~草取りや剪定の相談なら業者が最適~

仕事を持っているから私有地に目を掛けられない、遠隔地に私有地がある等さまざまな理由と板挟みになっている土地の所有者も多いようです。悩みを解決するのはどういったところでしょうか。

私有地の管理は面倒

草取り

私有地を管理するなかで、管理義務を負う所有者が一番煩雑に感じるのが、草取りではないでしょうか。風や鳥のフンなどで自然発生する雑草は、草取りをし続けなければ、成長し放題の環境を形成していきます。イタチごっこの状態ではありますが、この環境を断ち切るためにも面倒ながらも根絶やしを含めた定期的な草取りが必要です。

同じ悩みを持つ人の声

毎年400坪の土地に生える雑草の草取りで頭を悩ませています。(50代/男性)

親から土地を引き継ぎましたが、妻の実家がある土地で永住を決めました。親の土地が400坪も残されております。雑草が生えるたびに苦情の電話が入り、どうしていいかわからない状態です。家屋は解体し平地に整地した分、気持ちの面では楽になりましが、年齢的なことも重なり、思った以上に広い敷地の管理に大変さを感じるようになりました。

私有地が家から遠いので、なかなか管理が行き届きません。(40代/男性)

親名義の土地が遠隔地にあり、高齢の親に変わって私が管理しています。親はこの土地に愛着を持っており、手放せないでおります。管理が行き届かず、時折自治体の担当者から「防災面で不安が残る」「害虫が発生している」という理由で剪定や草取り依頼の連絡が我が家に入ります。つど、親の地元へ出向き対応をせざるを得ないため、私に負担がかかるので困っています。

業者に相談する人が多い

遠方にある私有地や、広大な広さを持つ私有地などの除草作業は労力を伴います。こういった時に力強い味方になってくれるのが草取り代行サービスや造園業です。リーズナブルな価格で技術を持って草取りを行います。また契約内容によっては年間契約で管理を任せることができますし、その土地に生えている樹木の剪定・伐採も依頼できるので頼もしく思えることでしょう。遊休地を持つ所有者の多くが、草取りなどのメンテナンスを業者に代行依頼しています。

TOPボタン